MENU

忘却バッテリー』 第5話「辞めたきっかけの」感想まとめ【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

第5話は試合での惨敗をきっかけに前に進んでいきます。それぞれ葛藤や思いやりの入り混じったザ・青春の話になっています。

目次

ボールを取れずにボロクソ言われる要

途中でまともに捕球できなくなった要に対して、清峰や千早がそれぞれの表現で冷たい対応をします。

これに対して、「素人なんですけど」と逆ギレする要は逆ギレをします。

それぞれの進路にも注目

相手校の監督から転校してこないかと熱烈ラブコールを受ける4人。

特に藤堂と千早はどうすべきか揺れ動きます。

とは言え簡単に決められるものでもなく、悩んだ二人はバッティングセンターで勝負することに。

そこには要と山田がいました。


要の姿を見てふたりはその姿に転校しないことを決意します。

後ろめたさを感じる要

冷たくされて逆ギレをした要でしたが、内心は周りに迷惑をかけてしまったことを気にしていました。

バッティングセンターで山田とこっそり捕球練習をするほど。

記憶はなくても野球への真剣さが残っていたのか、ただの負けず嫌いなのか。

ここだけでは本心は分かりませんが、挫折を経験した要が野球に対して向き合い始めました。

転校しないと即決していた清峰

要は自分の生徒散々悩んでいましたが、一方で清峰は転校しないと早々に決めていました。

どこでやるかではなく、誰とやるかが重要。そんな強い意志を感じられました。

まとめ

要が4話での挫折を糧にして、成長していく話です。

転校という進路に関わる話も出てきて、限られた高校生活をどう過ごすかの葛藤も出てきます。

要がどんな成長をしていくのか次回に期待です。

キャスト

清峰葉流火:増田俊樹
要 圭:宮野真守
藤堂 葵:阿座上洋平
千早瞬平:島﨑信長
山田太郎:梶 裕貴
土屋和季:山谷祥生
国都英一郎:大塚剛央
巻田広伸:石井マーク
桐島秋斗:河西健吾

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる