MENU

忘却バッテリー第6話「やる!!」感想まとめ【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

イップスであることを話す藤堂。過去何があったのか語られる回です。

順風満帆だった野球人生に突如現れた挫折。藤堂の苦悩が明らかになります。

野球部のない高校をわざわざ選んだ理由が分かります。


画像引用元:https://animestore.docomo.ne.jp/

目次

野球の勉強を始める要

野球に前向きになった要。藤堂宅で勉強会を行います。


「左打ち」すら知らない状態でしたが、千早の丁寧な解説で順調に進んでいきます。


勉強会の中で要は、帝徳へのリベンジを口にします。その言葉に盛り上がる面々。

ただひとり藤堂だけは「代えてくれ」と口にします。

藤堂がイップスになった理由

当時から口ぶりこそ生意気でしたが、相手を馬鹿にしているわけではなく、ムードメーカーと呼べる存在でした。実力も評価されスカウトも来ていました。

藤堂はイップスになっていて、ファーストへの送球ができなくなっています。その原因は中学時代に自身のミスで試合に負けたこと。

試合の相手は清峰・要バッテリーだったので藤堂のミスがなくても負けていた可能性もありますが、当時自分が一番だと思っていた要は絶望します。

試合後にミスを先輩に謝り、それによって気を使わせてしまったことも悔いています。

5話で謝る要「に謝んな。おめーが楽になりてぇだけだろ。『結果』は変わんねぇんだ。謝んなよ。意味ねぇから」と言っていましたが、過去の自分に対して言っていたのかもしれません。

イップスになって荒れる藤堂

ファーストにまともな送球をできなくなった藤堂は、すぐに試合に出られなくなります。

そのせいであれ、不良との殴り合いをしたことも、すべては野球を忘れるための行動でしたが、野球のことを忘れることはできません。


野球部のない小手指高校に進学したのも、野球を完全に忘れるため。

清峰・要との出会いが分岐点

野球部のない小手指高校で出会ったのは、はじめて打てないと感じたバッテリーである清峰と要。

一緒に野球をしようと誘われた時、諦めようとしていた気持ちがぷつりと途切れ、野球をやりたいと感じるようになったと語っています。

まとめ

今回は藤堂がイップスになり、清峰・要バッテリーと再会するまでの話になっています。

藤堂の今後の選択や「他のショートを探してくれ」という言葉への周りの反応までは語られていません。

次回どんな展開になるのか注目です。

キャスト

清峰葉流火:増田俊樹
要 圭:宮野真守
藤堂 葵:阿座上洋平
千早瞬平:島﨑信長
山田太郎:梶 裕貴
土屋和季:山谷祥生
国都英一郎:大塚剛央
巻田広伸:石井マーク
桐島秋斗:河西健吾

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる