MENU

無職転生Ⅱ第6話「死にたくない」を見た感想【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。


体感3分。Aパートしかない。

無職転生Ⅱの第6話はそう感じるほどに一瞬で見終わりました。

この記事では2023年夏アニメ無職転生2期の第6話を見たので感想を書いていきます。

画像引用元:https://ch.nicovideo.jp/mushokutensei_2

目次

平和な日常

冒険者時代とは違い、ゆったりとした時間が流れていきます。

目標を見つけたルーデウスは、まさに勤勉な学生そのもの。
授業と図書室で過ごす日々は優等生です。

男に目覚めそうになる!?

ルーデウスはフィッツと過ごす時間がとても長いです。

フィッツが男だと分かっていながらそのふるまいにドキドキする自分にルーデウスは戸惑います。

まあ、正体は女の子なのでドキドキして普通なんですけどね。
さてさて、いつフィッツの正体に気がつくのやら。

ザノバは貴族だった

普段の変態なふるまいから忘れていましたが、ザノバって貴族でしたね。

フィッツに自己紹介するときまで忘れていました。

いい意味でプライドがなく、好感を持てるキャラクターですね。

自分の経験を忘れない大人の鏡

「死にたい」「死んだほうがまし」という感情は、本気で経験した人にしか理解できません。

周りにくら伝えても、死ぬのを止められるだけで本質を理解されません(体験談)。

そんな中で出会った奴隷は、生きることに絶望しています。
彼女を叱責で動かそうとする周りを止めると、ルーデウスは本音を引き出そうとします。

そうして最後に出てきた言葉がサブタイの言葉。

「死にたくない」。

ルーデウスは奴隷の少女を購入し、名前をつけて一緒に過ごすようになります。
幸せな日常の繰り返しです。

早く次が見たい

6話は幸せな日々を描いて終了です。

「え?もう20分も経ったの?」と本気で思いました。

7話のサブタイが不穏なので何か起こりそうですが、今から次の話が楽しみです。

その他感想

キャスト

ルーデウス:内山夕実
前世の男:杉田智和
サラ:白石晴香
スザンヌ:小林ゆう
ティモシー:羽多野渉
ミミル:沢城千春
パトリス:山本格
ゾルダート:鳥海浩輔
アリエル:上田麗奈
ルーク:興津和幸
フィッツ:茅野愛衣

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる