MENU

ゼロの使い魔(1期)第7話「ルイズのアルバイト」を15年ぶりぐらいに見た感想まとめ【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

ルイズが平民に化けて仕事をして、悪い貴族を成敗する水戸黄門的な展開です。

冒頭では、才人が勘違いからアンリエッタの唇を奪ってしまい、さすが才人やると思ってたよ展開になります。キスをされたアンリエッタの反応にも注目です。

画像引用元:https://animestore.docomo.ne.jp/

目次

いきなりやらかす才人

フーケを捕まえたことで、アンリエッタ姫から爵位を授かるルイズ。

アンリエッタはルイズだけでなく、才人にも感謝し、手を差し出します。その意味は手にキスをしていいというもの。

意味の分かっていない才人に、ルイズは「キスしていいということ」だと伝えます。

そして才人はなんと、、、あろうことは姫の唇にキスをします。

ルイズはブチギレ、才人をボコボコに。今まで優しい笑みを浮かべていたアンリエッタさえも、引きつった笑みを浮かべます。

従者は描かれていませんでしたが、周囲に従者がいたなら才人が串刺しにされていてもおかしくない状況でした。

アンリエッタからの依頼

アンリエッタはルイズに極秘の任務を依頼します。その内容は街での諜報活動。

好き勝手やっている貴族がいるという噂があり、調べてほしいというものでした。

世間知らずなルイズ

平民に化けようとするルイズ。貴族として豪華な生活に慣れている彼女が生活水準を下げられるはずもなく、もらったお金と求める宿や馬との価格の差に愕然とします。

挙句の果てに、カジノで稼げると騙されて所持金をすべて使い果たします。

怪しい人物から宿を借りられることに

泊まる場所もなく
悩んでいると、怪しい格好をした人物から声をかけられます。

彼女(?)は宿をやっていて、部屋を提供してもいいと言ってくれます。その条件として、ルイズは「魅惑の妖精亭」で働くことになります。

お店は一言で表現するなら、中世の居酒屋。まともに仕事をしたことのないルイズは、お皿の運び方もお酒の入れ方も分からず失敗を繰り返します。

嫉妬するルイズ

ルイズがお店の表で働いている時に、才人は厨房の仕事をします。そこには店主の娘もいて、楽しげに会話をしながら皿洗いをします。

その様子をみたルイズは激怒。才人に空き瓶を投げて気絶させてしまいます。

店で胸がないことを散々いじられて気にしていた時に、店主の娘が巨乳だったことも引き金になりました。ぶっちゃけ、才人は何も悪くない……。

以前は使い魔としてふさわしい行動じゃないからで起こっていましたが、今回は乙女心による嫉妬。才人への感情の変化を感じました。

貴族バレするルイズ

平民のフリをしていたルイズですが、店主の娘に貴族だと気づかれます。プライドの高さ、あまりの世間知らずさが原因でした。

横暴な貴族が登場

仕事がうまく行かずに悩んでいるところに貴族がやってきます。その人物は税関をやっていて、逆らえば重い税をかけられてしまうため、店主は逆らえません。

ルイズが給仕しようとしますが、胸を触られそうになって激怒。魔法をぶっ放します。

「どうせ没落貴族だろ」と煽る相手に国の許可証を見せつけると、相手はすぐにその場にひれ伏します。

まるで水戸黄門のような展開で、横暴な貴族をとっちめました。

お店の人たちがいい人過ぎる

貴族バレしたルイズでしたが、お店の人たちは怖がる素振りも見せず、ルイズの行動を讃えます。店主は「店員の細かな事情は気にしない」と言い切った懐の深さもたまりません。

ルイズは「貴族とバレてもう働けない」と漏らしていましたが、このお店ならまた働くことができそうです。

まとめ

ルイズと素敵なお店の出会いの話でした。この世界の人たちの心の温かさも表現されていて、一部の横暴な貴族を除けば、みんなが助け合って生活していることが伝わってきました。

貴族としての生活しか知らなかったルイズも、今回の経験で新たな価値観に触れ、考え方の幅が広がるかもしれません。

あわせて読みたい
アニメ「ゼロの使い魔(1期)」感想まとめ。15年ぶりに視聴【ネタバレあり】 ゼロの使い魔は、異世界に召喚された主人公がヒロインと成長していく異世界転生物語です。 メインヒロインは釘宮理恵さんが演じており、釘宮病感染源のひとつになってい...

キャスト

ルイズ:釘宮理恵
平賀才人:日野聡
シエスタ:堀江由衣
ギーシュ:櫻井孝宏
タバサ:いのくちゆか
キュルケ:井上奈々子
アンリエッタ:川澄綾子
モンモランシー:高橋美佳子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる