MENU

ワンルーム、日当たり普通、天使つき。第7話「原稿明けの漫画家は大体こう」感想まとめ【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

前回のデートの続きの話です。帰宅すると主人公の叔母が待っていて、ほっこりするやりとりを楽しめます。身内と話す主人公を見つめるとわちゃんの優しげな表情や仕草がたまりません。


画像引用元:https://animestore

目次

叔母さん(28歳)の登場


デートから帰宅した主人公ととわちゃんを待ち受けていたのは、二人が暮らしている家の家主。

どうやらひとりで自分の誕生日を祝うのが悲しくて待っていたらしい。とわちゃんがいなかったら危うくお通夜状態になりそうでした……。

ヤバいテンションで登場しましたが、仕事の徹夜が原因だった模様。

とわちゃんと仲良くなり、食事も摂ったらしっかりした人であることが分かりました。

最後には編集さんとも和解し、帰宅していきます。

いつもと森太郎を見られて喜ぶとわ

叔母とのやり取りを優しげな目で見つけるとわちゃん。その表情はまさに天使。

楽しそうに会話に耳を傾けます。

バイト帰りに新たな女の子に出会う主人公

バイの帰りに眼帯をした少女と出会う主人公。その言動は中二病そのもの。

バンパイアと名乗りますが果たして本当なのか。ただの厨二病説もあるので判断が難しいところ。

まとめ

天使つき7話は、慎太郎が親族と話す姿を見つめるとわちゃんの表情を楽しむ回です。いつもと違う森太郎の姿を見られて喜ぶとわちゃんがとても可愛らしいです。

ラストにはヤバそうな新しい女の子が現れてどうなることやら。次回が楽しみです。

あわせて読みたい
アニメ「ワンルーム、日当たり普通、天使つき。」感想まとめ【ネタバレあり】 ほんわか系天使とのふわふわで甘々な日常を描いた作品です。いかにも負けヒロインの幼馴染や無邪気な雪女も巻き込んでほっこりする話の連続です。 画像引用元:https://...

キャスト

徳光森太郎:梅田修一朗
とわ:遠野ひかる
堤 つむぎ:集貝はな
和泉のえる:大西沙織
リリーシュカ:小倉 唯
蔓深ひすい:高尾奏音

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる