MENU

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる第8話「新世代」【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

シャーロットの優しい笑みをリシアの幸せそうな表情が印象的な話。アルスが本格的に領主として動き始める話です。


画像引用元:https://animestore

目次

始まる軍議

「父上のようにはなれませんが僕のやり方でなんとかやってみます」と改めて決意を口にするアルス。

父親が他界してからはじめて軍議に望みます。領主になったばかりのアルスに対して、対等だと言ってくれる他の領主たち。周囲の大人が素敵すぎます。

軍議では戦争のポイントになるペレーナ郡の話に。軍事力でどうにかしようという流れになりますが、アルスは情報収集をしてから判断したいと提案します。

孤児院

軍議後、アルスの建てた孤児院に行きます。

そこではかつてシャーロットと路地裏にいた子どもたちが楽しそうに過ごす姿が。それぞれの夢を語り、それに優しい笑みを浮かべるシャーロット。

「そっか」と短く答えるその声がとても優しかったです。

リシア襲来

孤児院を訪れているアルスのところにやってきたリシア。

孤児院を見て「幸せであふれている」と言って自身も幸せそうな表情を浮かべます。

そのまま帰ることなくアルスたちと一夜をともにします。

鑑定スキルが大活躍

情報収集のために諜報屋の傭兵団にコンタクトを取るアルスたち。

団長が代わり、気に入った依頼しか受けなくなたっという情報が。アルスは鑑定スキルを使い、待ち合わせのお店にいた店員がその団長だと見破ります。

一人になったところなぜ分かったと詰められるアルス。間一髪でリーツとリシアがかけつけてピンチを脱します。

慌てふためくアルストは対象的に、リシアの肝の据わり具合が凄さが印象的でした。

まとめ

アルスが戦争に関わる大きな仕事をする話でした。周りの大人が領主になったばかりのアルスを対等だとしっかり受け入れてくて、魅力的な人の集まりだと感じました。

次回は大きな進展がありそうな予感がします。


あわせて読みたい
アニメ「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる」感想まとめ【ネタバレあり】 鑑定スキルは、登場人物たちがとても魅力的な作品です。転生先の世界の常識では絶対に勧誘しない相手を主人公が引き入れ、父親が驚きながらも最後は力を認めていきます...

鑑定スキルをみるならここから↓↓↓

キャスト

アルス・ローベント:藤原夏海
リーツ・ミューセス:坂 泰斗
シャーロット・レイス:佳穂成美
ロセル・キーシャ:岡咲美保
リシア・プレイド:花澤香菜
レイヴン・ローベント:東地宏樹
ミレーユ・グランジオン:生天目仁美
ファム:戸松 遥

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる