MENU

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる第6話「戦士の顔」【ネタバレあり】

本ページにはプロモーションが含まれています。

今まで大きな挫折を味わうことなく来たアルスが初めて挫折を味わいます。

心がついてきていないのに使命感だけで動こうとしたところを止められ、力不足を痛感します。

大人たちの国や子供を守るための強い覚悟の伝わる回でもあります。

目次

父親がピンチ

父親が体調を崩し、不安を抱えるアルス。

そんな中、所属州の総督が暗殺され、派閥争いが激しくなる兆しが出てきます。

父親の代理で軍議に出席


父親に代わりに会議に出席したアルスはガチガチ。

ですがその場にいた大人がフォローしてくれ、なんとか軍議を終えることができます。


そんな中でひとり、アルスのことを睨みつける大人がいました。


その正体はなんと許嫁であるリシアの父親。アルスのリシアに対する対応に不満を持っていて、伝えてきます。

その内容は決して理不尽なものでなく、アルスもすぐに受け入れます。

父親に出陣を止められるアルス

父親が体調不良である以上は自分が戦わないといけない。そう決意して自らを鍛えるアルス。

そしてついに、本当の出陣がやってきます。

行かないといけない。だけど怖い。葛藤するアルスを止めたのは父親でした。

「戦う顔になっていない」と父親は告げ、アルスを試します。

覚悟を試されるアルス

アルスを試すために行われたのは罪人の処刑でした。

目の前で人が死んでも動揺せずぬいられたなら覚悟を認める。そう言うと目の前で罪人の首が飛びます。

アルスは思わず目をつぶります。

父親はアルスを咎めたいのではなく、守るためにやったこと。父親として、戦士として、大切な息子を守る覚悟と戦場で戦う覚悟が伝わってきました。

父親がかっこいい

今回はアルスの許嫁・リシアの父親とアルスの父親。ふたりの父親が登場します。

ふたりとも自分の子供を大切に想っていることが伝わってくる回でした。

まとめ

いままで順調に歩んできたアルスが、「戦場に行かないといけないのに行く覚悟ができない」とはじめての挫折を味わう回でした。

画像引用元:https://twitter.com/kanteiskill/status/1789664325428285568

今回の経験がどのようにつながっていくのか、次回に期待です。

キャスト

アルス・ローベント:藤原夏海
リーツ・ミューセス:坂 泰斗
シャーロット・レイス:佳穂成美
ロセル・キーシャ:岡咲美保
リシア・プレイド:花澤香菜
レイヴン・ローベント:東地宏樹
ミレーユ・グランジオン:生天目仁美
ファム:戸松 遥

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる